産業医の資格取得方法

産業医の資格取得方法

今まで臨床医として昼夜を問わず働いてきた方にとって、育児や家族との時間を増やせるイメージの強い産業医という働き方に魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。もちろん、産業医が「楽」な仕事というわけではありません。しかし、年収が1,000万円以上でありながら週3、4日の勤務日数という職場も多いです。また、土日休みや日程調整の融通を利かせられる事も多く、時間の面で考えると臨床医よりも余裕が多いという側面は実際にあります。もちろん「企業の中で自分の持つ医学知識を活かした仕事がしたい」という気持ちを持って産業医の仕事に臨みたいと考えている方も多いでしょう。

では、具体的に産業医になるためにはどのようにすれば良いでしょうか。今までの医師の知識や経験だけで一般企業に勤めることは出来るのでしょうか。

産業医になるためには資格が必要です。資格という明確な形でなくても、大学等で労働衛生を担当する教授や助教授、厚生労働大臣が定める者というように産業医の資格保有者と同等の知識を持っている事が認められている人でなければなりません。そのため、多くの場合では研修や試験によって資格を必要とします。

基本的に産業医の資格を取得する方法は日本医師会認定の産業医学基礎研修を受けるか、産業医科大学の産業医学基本講座を受けることになるでしょう。この産業医研修を修了することで産業医の資格を取得でき、一般企業で産業医として働くことが出来ます。なお、研修会の日程については日本医師会や都道府県医師会会報のホームページからチェック出来ます。

産業医として働きたいと考えているのであれば是非一度転職支援サービスの利用をオススメします。産業医の資格を得た場合はもちろん、研修過程にある方でも登録してみてはいかがでしょうか。産業医を必要とする求人案件はもちろん、産業医の資格取得方法、一般企業での働き方など様々なアドバイスをキャリアコンサルタントから受けられます。

産業医になるには資格が必要とされる事はもちろん、一般企業で働くため臨床医とは根本的に考え方が異なる部分がありますから、そこに不安を感じている方も多いでしょう。産業医が必要とされる企業は1,000人以上の規模を持つ企業ですから、そこで働く従業員の健康管理を手助けする役割として活躍が期待されています。産業医の資格を取得したら転職支援サービスのキャリアコンサルタントに相談してみましょう。今まで病院で働き続けていた方の不安もきっと解消してくれますよ。

産業医の求人に強い!無料エージェントランキングはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ ”産業医の転職に強い”エージェント人気ランキングをもっと詳しく見てみる



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 産業医求人募集.com All Rights Reserved.