産業医の年収

産業医の年収

産業医の仕事に就く上で気になるのは年収がどの程度なのか、という点ではないでしょうか。産業医の年収平均は大体1100万円前後だと言われています。一般的な臨床医の年収が1150万円前後なので大幅な開きはありませんが、常勤産業医の勤務日数の平均が週4日である事を考えると、時間に対して年収はむしろ高いくらいではないかと言えます。

こうしたイメージがあるからか「産業医の仕事は時間も短くて年収も高い」というイメージを持たれがちです。若い医師の中にも臨床医として働きながらすぐに「楽そうだから」という理由で産業医を目指す人も居るようですが、これはあまりオススメ出来ません。

企業で産業医として働くと、どうしても臨床医と比べて医療に対する経験が蓄積されず、その企業が倒産してしまったり産業医の契約を解消したいという話になったりしたら、臨床経験の少ない医師は次の仕事を探すことが大変になってしまいます。また、通常の仕事の中でも臨床経験が少ない為に、業務において本来解決できるはずの部分を見落としてしまうことも考えられます。一部の企業では産業医のスキルを磨いてもらうために研究日を設けている場合もありますが、必ずしもそれが経験として結びつくとは言えず、どちらにしても臨床医の経験は一度してみた方が良いでしょう。

さて、自分の経験やスキルがある程度蓄積されてから産業医としての働き方を考えるようになった方が産業医で働く場合、少しでも良い年収の職場で働きたいと誰もが思うでしょう。どの職場も医師免許を取得してからの年数に応じて年収を設定しているので、企業の人事担当が産業医の市場に疎くない限りは大きな年収設定の開きは無いと思います

そこで、年収を見る時に合わせて注目して欲しい部分は退職金の設定があるかどうかです。例えば、2社の年収がおおよそ同じであれば退職金の有無は大きく関わってくるでしょう。特に1つの企業で長期的に働きたいと思っているのであれば是非チェックしておきたい項目です。

また、単純に採用時の年収を見るだけでなく、その企業が昇給するかどうかも大事なチェック項目です。一般企業は医療機関と比べると昇給率が低い傾向にありますから、自分の持っている昇給率のイメージで入社すると後から後悔することも考えられます。

年収や退職金などお金に関する話題は聞きにくいというのが正直なところではないかと思いますが、是非転職支援サービスを通して企業に相談してみましょう。キャリアコンサルタントがお金の疑問について企業に聞いてくれますし、年収に不満な部分があれば条件交渉も行ってくれます。産業医の仕事を考えている方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

↓ 年収アップの強い味方。コチラのランキングをご参考に! ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ ”産業医の転職に強い”エージェント人気ランキングをもっと詳しく見てみる



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 産業医求人募集.com All Rights Reserved.