高収入の産業医求人探しなら

高収入の産業医求人探しなら

産業医は、医師の勤務形態としては非常に安定しており、ライフワークバランスに優れています。常勤産業医の場合、基本的にその企業に勤める一般社員と同じ勤務形態となるため「平日の9時〜17時勤務、土日祝日休み」といった勤務となります。また、当直オンコールもありませんので、心身への負担を気にせずゆとりを持って働くことが出来ます。しかしその分、一般の勤務医に比べ常勤の産業医の年収は低く、大体1050万円前後だと言われています。とはいえ、実質的な勤務時間に対しての年収としてはやはり高額となっており、時間当たりの報酬を考えるならば、勤務医より待遇は良いといえるでしょう。

しかしながら、勤務時間がしっかりと決められており、当直や残業、オンコールがない産業医の場合、基本給に上乗せされる手当が低いというのが現実です。そのため、産業医としてゆとりある生活を送るためには、基本給与が高い企業に就職する必要があります。ここで重要となってくるのが「いかに高収入を提示した求人を見つけられるか」ということですが、気を付けたいのは大企業の求人案件が必ずしも高収入のものとは限らない、ということです。

産業医の報酬面での待遇の違いは、企業の規模に比例するものではなく、企業がいかに労働環境の整備を重視しているか、という部分にかかってきます。産業医の職務内容は、労働者の健康障害予防・健康保持、健康増進など多岐に渡っています。これに加え、近年企業側は、特定疾患(メタボリックシンドロームや糖尿病)を持つ労働者に対し適切な指導を行える医師や、メンタルケアの専門的な知識や経験を持ち、労働者に対してそれらのスキルを生かした面接指導を行える医師などを高く評価しており、そういった人材に対しては高額の報酬を持って待遇するといった傾向にあります。つまり、企業側は「高い能力を持った産業医であれば、高い報酬を払ってでも確保したい」と考えており、そこに企業の規模はそれほど影響していない、という訳です。

高収入の産業医の求人を探す場合は、求人情報の報酬金額をみるばかりではなく、自分自身が企業から必要とされる人材かどうか確認することから始めることが重要となってきます。産業医の場合は、転職エージェントを間に挟んで応募した場合、エージェントの代理折衝の際のプレゼンによって医師のスキルや経験が評価されることが多く、提示される報酬がアップすることが少なくありません。高収入の産業医の求人を探す際は、まず、自分自身の産業医としてのスキルアップから始めることをおすすめします。

↓ 高収入の産業医求人ならコチラのエージェントがオススメ ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ ”産業医の転職に強い”エージェント人気ランキングをもっと詳しく見てみる



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 産業医求人募集.com All Rights Reserved.