産業医と医師会の関係

産業医と医師会の関係

産業医になるためには日本医師会認定産業医の認定する産業医学基礎研修を受ける必要があります。また、5年ごとに産業医学生涯研修を20単位取得することで資格を更新することが出来ます。産業医の研修会は日本医師会や各都道府県医師会のホームページ、会報から知ることになるので産業医を目指す方や産業医の方にとって医師会は縁の深いものでしょう。

産業医は法律に定められた人数が働く職場では必ず選任する必要があります。50人以上を常時雇用する職場であれば必ず産業医を選任する必要があり、また、産業医に変更等があれば国に対して速やかに報告しなければならないと規定されています。50人以上の企業が日本にどれだけあるか考えると、産業医の需要はそれなりに高いと言えます。

企業が産業医を募集する時は、これまで各都道府県、あるいはそれぞれの市区町村の医師会を通して紹介をしてもらうやり方がほとんどでした。しかし、これは産業医に対して何か不満があり解任・変更したい時、紹介してくれた医師会に対しての事を考えると難しい部分が出てきます。

医師会を経由せずに産業医を募集する時、医師専門の転職支援サービスを利用する企業が増えてきました。産業医として登録する医師が多く登録しているのが人材紹介サービスですし、企業からしてみれば割と気軽に求人を募集できるのが特徴と言えるでしょう。

もちろん、産業医として働きたい医師にとっても転職支援サービスは非常にメリットが大きいと言えます。企業側が産業医を探す時に転職支援サービスを利用しているという事はそれだけ求人案件も豊富で自分の希望する求人を見つける事が出来るということです。さらに、キャリアコンサルタントが給与や条件交渉を代行して行ってくれるので求人案件で調整して欲しい部分があれば迷わずに相談してみましょう。医師の中でも特に人材が不足しがちと言われる産業医を求める企業は多く、医師会を通してでは契約してもらいにくい条件でも一般企業で働く事が出来ます。

また、転職支援サービスを運営する企業は当然のことですが医師会ではなく一般企業です。そのため、一般企業の目線から産業医として働くことについて考え、キャリアカウンセリングを行ってくれます。今まで産業医の仕事に対して思っていたイメージと企業が求める産業医の理想には違う部分も沢山ありますし、それによって面接や就職後のやり方も異なります。一般企業の目線でアドバイスやフォローを受けられるという意味でも産業医になりたい人は是非転職支援サービスを利用してはいかがでしょうか

産業医の求人に強い!無料エージェントランキングはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ ”産業医の転職に強い”エージェント人気ランキングをもっと詳しく見てみる



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 産業医求人募集.com All Rights Reserved.