大企業の産業医求人探しなら

大企業で産業医として活躍したい医師の方へ!

産業医は、一定規模以上の企業所においてその選任が義務付けられています。例えば、常時50名以上の労働者が働く事業所では産業医の選任が必要ですが、この場合、産業医を嘱託で選任すれば良いとされています。さらに、1000名以上の労働者が働く事業場、あるいは法令で定められた有害業務に500名以上の労働者を使用している事業場では、専属産業医を選任しなければなりません。つまり、大企業の産業医求人を探す場合には「専属産業医」の案件をチェックする必要があるということになります。

中小企業から嘱託で選任される嘱託産業医と異なり、大企業に勤める専属産業医は、その企業に勤める労働者の労働条件に則した勤務形態となります。また、臨床医と異なり、診察や治療よりも労働環境の改善や労働者の健康促進に関わる業務が中心となるため、当直やオンコールもありません。それに加え、医療事故等の訴訟リスクが極めて低い、福利厚生が充実しているといったメリットが大きいため、定着率が大変高い傾向にあります。

定着率が高いということは、それだけ新たな求人の発生率が低くなるということにも繋がっており、大企業の専属産業医の求人は非常に少なくなっています。また、まれに求人が出た場合も応募者が殺到し、早期に求人が締め切られるということがほとんどです。好条件の求人の場合は数時間で切り上げて締め切られるといったこともあり、応募の時点ですでに激戦といった状況です。そのため、大企業の産業医の求人に応募するには、情報を制することが鍵となってきます。

大企業の産業医の求人は、応募者が殺到することが目に見えているため、一般向けに公開されることはまれです。最近は、企業が産業医の求人を実績のある転職エージェントに任せるという傾向が強くなってきましたが、エージェント側もこれらの求人情報を「非公開案件」とする場合がほとんどです。非公開案件とは、そのエージェントに登録した人に優先して公開する情報で、一般には公開されないものとなっています。大企業の産業医のような優良案件の場合には、優れたスキルや経験をもつ会員に優先的に情報を公開するといったことも少なくありません。

現在、大企業の産業医の求人の約9割は、転職エージェントが管理する非公開案件だといわれています。大企業の産業医の求人情報を効率よく、かつ確実に手に入れるためには、転職エージェントへの登録は不可欠だといえるでしょう。

↓ 大企業の産業医求人ならコチラのエージェントがオススメ ↓

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ ”産業医の転職に強い”エージェント人気ランキングをもっと詳しく見てみる



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 産業医求人募集.com All Rights Reserved.